グッドナイト27000の口コミ評判はどうなの?副作用はある?

よく眠れた朝はすっきりとしますね。
けれどもなかなかそれがうまくいかないものです。十分満足した睡眠が取れないこともよくあることです。
私の経験からのことですが、よく眠れる方法をいくつかご紹介したいと思います。

1.昼寝のしかたに注意する

夜に十分に眠れないと昼間に眠くなるものですよね。時間があればつい昼寝をしたくなりますが、そのしかたに注意が必要です。

まず昼寝をする時刻です。あまり夕方になってからすると、かえって夜の睡眠を妨げてしまいます。
遅くとも3時までには昼寝を終える必要があると言われています。
また、長い間の昼寝も夜の睡眠の質を悪くしてしまうそうです。理想は15分だそうです。
眠る前にコーヒーを飲んでから昼寝をすると15分くらいで目が覚めるそうです。

2.お風呂から出てすぐに布団に入らない

よく眠るためにはシャワーではなく湯船につかるといいといいます。
ですが風呂から出てすぐに布団に入ってはいけません。身体が暑くて眠りにくくなってしまいます。
だいたい布団に入る2時間まえくらいに風呂に入っておきましょう。

3.セロリがいい

眠りを良くする食材にセロリがいいと聞きます。よい睡眠を促す成分がセロリにはあるらしいのです。
聞いたところでは熱を加えてしまわずに、生のまま食べるとよいそうです。

セロリはサラダにしたり、がぶっとマヨネーズをつけて食べるのもおいしいですよね。
せひ試してみてください。